広島アスリートマガジン

カープ・サンフレッチェの情報が満載の広島アスリートマガジン

2015年5月号止まらないぜ! 菊池涼介

広島東洋カープ

  • 菊池涼介「継続は進化なり」
  • 藤井皓哉「破竹の右腕」
  • 藤井皓哉「破竹の右腕」

「型破り」、「破天荒」、「韋駄天」。さまざまな言葉で評されるそのプレースタイルで 見る者を魅了し続ける男は、瞬く間にカープ、そして日本を代表するプレーヤーに成長した。 常に進化しつづける男、菊池涼介の加速は、どこまでも止まらない!

サンフレッチェ広島

  • 柏 好文「俺がチャンスをつくる。」
  • 佐々木翔「頂点への挑戦」
  • 「耐え凌げば、光は見える」

2015年シーズン、サンフレッチェはリーグ戦を開幕2連勝と好スタートをきった。 そして2万6千人を超えるサポーターがエディオンスタジアムに詰めかけた3戦目、 2連勝同士での対決となった“宿敵”浦和戦ではスコアレスドローで引き分け。 その後の反撃が期待されたが、この試合を境にサンフレッチェのスコアには0が並び続けた。 練習、そして試合の中で連携を深め、新たな攻撃の形を再構築するため、今は我慢のときが続く。

広島東洋カープ

この男の成長は止まらない

菊池涼介「継続は進化なり」

2年連続ゴールデン・グラブ賞を受賞した守備力、打率3割を記録した思い切り良い打撃で、同い年の丸佳浩とともに“キクマルコンビ”としてカープを引っ張り続ける背番号33。 その型破りなプレースタイルは、基本を怠らない練習の継続から生まれている。 その中で昨季“掴んだ感覚”を継続させ、抜群の身体能力を持つ男はさらなる進化を遂げる。

2015 ルーキーインタビュー Vol.3

藤井皓哉「破竹の右腕」

「人生が変わった」と自ら語る、おかやま山陽高での3年間。 藤井は空を穿つ若竹の如く、みるみる成長を遂げた。 プロのマウンドでも自らの右腕を信じて、頂点を目指して突き破るのみだ。

サンフレッチェ広島

得点機を生み出すドリブラー

柏 好文「俺がチャンスをつくる。」

昨季、甲府から移籍すると左サイドに定着し、幾度も得点に絡む活躍を見せた柏好文。 移籍2年目にしてサンフレッチェの攻撃を語る上で、欠かせない存在となっている。 誰にも走り負けない豊富な運動量とスピード、そして相手を抜き去るドリブルで、 今季もサンフレッチェに多くの得点チャンスをつくり続けてくれるはずだ。

’15新戦力インタビューVol.2

佐々木翔「頂点への挑戦」

リーグ屈指の守備力を誇るサンフレッチェDF陣に新たな顔が加わった。 試合になれば、表情を一変させる佐々木の姿はまさに“ファイター”。 移籍1年目のチーム内でも、闘志をたぎらせ、ピッチ上で存在感を示している。 広島の地でより厳しい戦いを選択した男の目標地点はただひとつ。 背番号19は一直線に頂点へと駆け上がるために、今新たなるスタートを切った。