広島アスリートマガジン

カープ・サンフレッチェの情報が満載の広島アスリートマガジン

2015年12月号広島のエース 前田健太

広島東洋カープ

  • 前田健太
  • 丸 佳浩
  • 河内貴哉

負けられない試合ではいつも、背番号『18』が力投を見せ続けていた。 抜群の球威とコントロール、そしてマウンドで見せる気迫―― 2015年、〝広島のエースは前田健太〟と、改めて周囲にその存在感を見せつけた。

サンフレッチェ広島

  • 浅野拓磨
  • ちばくり007

Jリーグ第16節G大阪戦。サンフレッチェは劣勢の状況を物ともせず、整然と自分たちのサッカーを貫き、勝利を手にした。圧巻は敵地で声援を送り続けたサポーターたちが見せた、その熱気。選手同様、最後の戦いが終わるまでサポーターも戦い抜いていく。

広島東洋カープ

背番号『18』の執念

前田健太

昨季、後半の勝負所で勝つことができなかった。その雪辱は果たすため、マエケンは燃えていた。 苦しい終盤戦、抜群の勝負強さを見せつけ、エースとしての力を証明したシーズンとなった。

苦しみ抜いた1年

丸 佳浩

期待を背負った今季、背番号9は苦しみ続けた。 開幕から本来の打撃を見せることができず、最後まで安定感を欠いたシーズンとなった。 悔しさと苦しさを味わった、丸の1年に迫った。

サンフレッチェ広島

孤高の疾走

浅野拓磨

浅野拓磨は誰よりも速く走り続けた。 桁外れの脚力で相手をぶっちぎる姿に紫のサポーターたちは酔いしれ、 相手チームに幾度となく絶望感を味わわせた。 サンフレッチェが誇る若き切り札が走り抜いたその先には左胸に燦々と3つ目の星が輝いているはずだ。

千葉和彦連載コラム

ちばくり007

あっぱれ! いや〜、ラグビー日本代表すごかったですね! 僕はナイターの試合後にぼーっとテレビを見ていたらラグビーが始まっていて、釘づけになってしまいました。 今回初めて最初から最後までラグビーの試合を見たんですが、歴史が変わる瞬間を生で見れて感動でした!!