広島アスリートマガジン

カープ・サンフレッチェの情報が満載の広島アスリートマガジン

2016年7月号特集 丸 佳浩。

広島東洋カープ

  • 丸 佳浩
  • 安部友裕
  • 西川龍馬

サンフレッチェ広島

  • ピーター・ウタカ
  • 紫風堂々

広島東洋カープ

巻頭ロングインタビュー

丸 佳浩

打撃フォームに大幅な改良を加えて臨んだ今シーズン、 開幕から不動の三番として進化した打撃を見せる丸佳浩。 序盤の快進撃、好調な打線を支える背番号9の今に迫った。

ラストチャンスを掴む。

安部友裕

開幕から四番に座るルナがケガで離脱以降、三塁でのスタメン機会を増やす安部。 プロ入り9年目・27歳。菊池、丸、田中らと同じ89年世代の男は、 千載一遇のチャンスを掴み取るべく、猛烈にアピールを続けている。

サンフレッチェ広島

変幻自在のプロフェッショナル

ピーター・ウタカ

高い得点能力を持ちながら、周囲を生かしたパスも供給できる。 今季序盤から計り知れない潜在能力を見せつけているピーター・ウタカ。 移籍初年度から真価を発揮する陽気なFWに広島で過ごす充実の日々を語ってもらった。

サムライ吉田安孝の

紫風堂々

この1ヵ月(5月13日〜6月11日まで)のサンフレッチェは1勝1敗2分という成績でした。結果だけを見るともっと勝ち点を積み重ねたかったという思いはありますし、引き分けの試合にしても勝てるチャンスがあっただけに勝ち切ってほしかったという気持ちもあります。