広島アスリートマガジン

カープ・サンフレッチェの情報が満載の広島アスリートマガジン

2017年8月号鈴木誠也 超絶進化論

広島東洋カープ

  • 鈴木誠也
  • 福岡ソフトバンクホークス 内川聖一
  • 鈴木の打撃フォームに見る進化

サンフレッチェ広島

  • 皆川祐介
  • 紫風堂々

広島東洋カープ

葛藤を乗り越える。

鈴木誠也

4月序盤から、22歳の若さで強力カープ打線の4番打者に抜擢された鈴木。 交流戦でサヨナラ弾を放つなど、順調に4番として活躍を見せている一方で、 これまで感じたことのない葛藤と日々戦っていた。

鈴木誠也の打撃に大きな影響を与えた男

福岡ソフトバンクホークス 内川聖一

2年前に自主トレを共にして以来、師弟関係にある内川聖一と鈴木誠也。 鈴木が打撃を進化させていく上で大きな影響を与えた〝日本一の右打者〟が、 自主トレでの指導秘話、そして今の鈴木誠也への想いを語る。

サンフレッチェ広島

俺が決める!

皆川祐介

チームが得点力不足に喘ぎ苦しむ中、前線の選手として試合出場を続ける皆川も少なからずその責任を感じていた。 シーズン途中の監督交代劇というショッキングな出来事を乗り越え、チームを牽引する覚悟を持った25歳の想いに迫る。

サムライ吉田安孝の

紫風堂々

この1ヵ月はチームにとって大きな動きがあった期間でした。 まず森保一前監督の辞任、そしてヤン・ヨンソン氏の監督就任です。 結果が全ての世界であり今季の不振は言い訳になりませんが、 私は森保前監督がチームに残したもの、そしてその功績は非常に大きかったと思います。